« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/23

アイゼン・ピッケル

アイゼン・ピッケルを購入しました。
アイゼン:GRIVEL エアーテックライトニュークラシック (ニューなのかクラシックなのかどっち?)
ピッケル:PETZL CHARLET スノーウォーカー U01A
Img_0306

ピッケルはあまり悩まずに決めましたが、
アイゼン選びに悩みました。

悩んだポイント
①軽さと強度
軽さと強度は相反する要素。
軽さを選んでアルミにするか、強度を選んでクロモリ(鉄)にするか・・・。
メーカーに問い合わせてみても
『一時的に岩場を通過する程度の使用強度は問題ありませんが、
長時間の稜線歩行(岩場の通過がある)や体重が偏ってかかった場合
は損傷する可能性も考えられます。
また、アルミなので爪の減りが激しく耐久性は劣ります。』
とほぼ予想通りの回答。

あまり条件の厳しい岩稜に行くつもりもないし、
着け外しの手間よりも軽さを優先しアルミを選択。
(鉄タイプが両足で1kg前後に対し、アルミは600g以下!!)

②登山靴とテレマークブーツでの専用or共用
テレマークブーツには前後共バインディングタイプの方が
圧倒的にフィッティングが良いけれど登山靴には使えない。
コストと使用頻度を考えるとやっぱり共用したい。

結局、共用できそうなプラスチックハーネスで幅広のタイプを選択。

Img_0308

登山靴へのフィッティングは全く問題無し。
Img_0317

テレマークブーツへの装着は幅がギリギリ。
Img_0318
(自分のSCARPA T3 26.5cmよりワンサイズでも大きいと
装着出来ないかもしれない。)

悩ましい選択でしたが、
これでひとまず残雪の山や雪渓に行く装備が揃ったかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/06/21

今週の収穫

今週の畑です。 
トマトとキュウリが凄い成長で支柱の高さを超えてしまいました。
Img_0303

こちらは移植したトウモロコシ。
Img_0304
土が固く、栄養も少ないはずなのに日当たりが良い為か太くしっかり伸びています。

穂がでて実が成長してきました。
Img_0296

大きくする一番上の実を残してヤングコーンを収穫してみました。
Img_0300
皮を剥くと思ったより小さい(剥く前の半分位)
もう少し大きくなってから獲れば良かったかな・・・。
粒の一つ一つから絹糸(ひげ)が伸びてて、凄い本数。

こちらは茄子。
なかなか大きくならないのですが、葉をカジられた跡が・・・。
Img_0273
葉にはキラキラ光る何か這いずった後があります。

下に敷いてある藁の中をみると・・・
Img_0274
やっぱりナメクジが居ました。 
退治して、コーヒーを淹れた後のカスを撒いて対策。
アブラムシもいたので久々の牛乳スプレーで退治。

キュウリの葉は穴だらけ!!(涙)
Img_0275_2 
葉裏にアオムシが付いていました。 こちらも退治。

収穫したキュウリ。
Img_0277

枝豆の苗は全然大きくならないままですが、実が付き始めました。
Img_0293

結局、今週は キュウリ 3本、ヤングコーン 3本 が収穫出来ました。
ヤングコーンは茹でてキュウリとサラダに、
キュウリは嫁さんが漬物にしてくれました。
Img_0284
カリカリと良い食感で美味いっ!!

来週はトマトも収穫できそうです。
Img_0302

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/15

谷川岳・一ノ倉岳

谷川岳に山登りに行って来ました。

今回の目的
①一昨年のやり残し、オキの耳制覇
②単独登山デビュー
③曇り男疑惑の払拭

メンバー:みっちー単独

コース:天神平リフト→熊穴沢避難小屋→肩の小屋→トマノ耳→オキノ耳→ 一ノ倉岳
(往復)

朝4:30頃、真岡インター出発、北関東道を乗り継いで関越道 水上インターを目指す。
約2時間後の6:30にはロープウェー乗り場まで到着。
ロープウェーが動くのは7:00なのでベストタイミング!

営業開始すぐに乗車し、天神平につくと今度はペアリフトでさらに上まで上がった。
リフト頂上の展望台からは朝日岳や至仏山も見える。
Img_0222

暫し見とれるが、今日は長めの行程なので早々に出発(7:30)。
熊穴沢避難小屋をさっさとやり過ごすと急登の始まり。
ロープや鎖場も出てくる。
朝1番のロープウェーで登ってきた為か登山者も少なく、
マイペースで順調に登った。

途中、雪渓も有り、険しい残雪の山を見ると
思わず『格好良い!』と言葉が出る。

肩の小屋手前の階段は完全に雪で覆われ、
ステップは切ってあるが、ロープ頼りで登る。
Img_0271
滑った時を考えると怖いけど、階段と比べると随分楽。

肩の小屋に到着。 帰りに寄る事にして先を目指す。
Img_0231_2

肩の小屋から頂上(トマノ耳)は直ぐそこ。10:00前には登頂できた。
トマノ耳からの景色(万太郎山方面)
Img_0234_2
稜線が格好いぃっ!!

こちらはオキノ耳(右手前)。
目的①は制覇して、今回は更にその奥の一ノ倉岳を目指します。
Img_0233

一ノ倉岳までは切り立った稜線の尾根歩き。
西側を覗き見ると下に一ノ倉沢。 
まさに断崖絶壁! もの凄い高度感で景色も最高! でもこわいっ!
Img_0253

景色は最高でしたが、一ノ倉岳までの道は登りも下りも
斜度のキツイ岩場が続いて大変でした。
やっとの思いで登頂(11:00)。 頂上には小さな避難小屋と標識。
Img_0261
でもここまで来る人はあまりいないらしく寂しい感じでした。

小休止を取って来た道を引き返します。
逆方向でもやはり素晴らしい景観!
Img_0262

肩の小屋まで戻って、展望の利くテーブルで昼食をとり、
14:30頃ロープウェー乗り場に到着、下山。

その後は水上温泉で疲れを癒し、
(お湯に入ると思わず『ふぁ~』と声がでる。(笑))
温泉の後はこれまた定番の蕎麦をいただきました。

疲れた後の温泉、温まった後の冷たい蕎麦、冷たい蕎麦の後の蕎麦湯・・・
たまりませんねぇ~。(笑)

天気にも恵まれ、今回の目的も全て制覇して大満足で帰路につきました。
単独で不安もありましたが、マイペースで登れて良い経験になりました。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/06/08

ジャガイモ、キュウリ初収穫

今週後半にジャガイモの葉が一気に枯れこんできました。Img_0179
まだ暫く植えておくつもりでしたが急遽収穫することにしました。

娘や近所の子供たちと9苗すべて掘り起こし、
これだけの収穫がありました。
Img_0184
種類がキタアカリということもありますが、
やはり枯れるのが早かった為か小粒で数も少なめでした。
とにかく収穫できて良かった!!

キュウリも一気に成長!
Img_0176
こちらも最初の実なので早めに収穫。

こちらは茄子の葉裏。 
Img_0191
表からは丈夫そうに見えるのですが
雨で跳ねた土がついて枯れてくる葉もあり。
Img_0192
藁を敷いて泥跳ねを防ぎます。

トマトはしっかり脇芽欠きをしてやった為か凄く元気。
Img_0193
まだまだ青いですがどんどん実が付いてきます。
獲れ始めると毎日トマトサラダ?

収穫したジャガイモとキュウリはポテトサラダや
豚肉・タマネギ・畑でとれたバジルと醤油バター炒めに・・・
Img_0198
ホクホク美味しくいただきました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

普段着も山ウェアも衣替え?

今日からもう6月・・・衣替えの時期。
ひとまずブログを昨年行った立山の写真に衣替えしました。

登山用ウェアの衣替えはなんとか来週末まで待って、
もう一度山スキーに出かけたいと思っていたら
嫁さんから“来週の土曜は幼稚園でバザーだよ”の一言。(涙)

再来週は梅雨入りの時期だし、
そろそろスキーをチューンナップに出して短い夏山の季節を楽しむのも良いかな・・・。

今年は飯豊連峰、槍ヶ岳や白馬岳にも挑戦してみたい・・・。
う~ん、アイゼンやピッケルも揃えなくては・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »