« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/30

パルミジャーノ!!

先日、ヨーロッパみやげで頂いたパルミジャーノチーズ。
Img_3362

いつものトマトクリームパスタにかけていただくと・・・
Img_3367

ウマ━━━━(゚∀゚)━━━━イ!!
日本で売ってるパルメザンチーズとそんなに変わらないだろうと思っていたら、
香りが高くて、クリーミーでコクもあってチーズの味がしっかりしていて、
予想を大きく上回る旨さ!! 
おいしかった~!!

ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/29

'09-'10シーズン山スキー総括

先週の月山で一区切りにした'09-'10シーズンの山スキー。

登った山は
 大日ヶ岳
 猫魔・雄国山
 三本槍岳(途中敗退)
 西大巓~大早稲沢山
 東吾妻山
 至仏山
 燧ケ岳
 月山

初めての山はもちろん、何度か訪れた山も毎回違った赴きがあり、新鮮でした。
どの山も良かったですが特に印象的だったのは、
 大日ヶ岳:広い林間のパウダー斜面が最高で何度も登り返しました。
 至仏山:透通った空と大展望、登ったルートのシチュエーションが最高でした。
 燧ヶ岳:こちらも快晴! 山頂からの展望の開けた大斜面の滑降は最高でした。

今シーズンは滑りの方も少しは上達させることが出来ました。
今シーズン気付いたこと、心掛けたことは・・・
①ターン切り替え時はアンギュレーションをしっかりとって谷を向く
②後ろ足にしっかり荷重をかける。(ターン内側の腕を後ろに引くと後ろ足に乗りやすい)
③重心を下げたままターンの切り替えをする

来シーズン、への宿題は・・・
①テレマーク姿勢よりも横方向への体重移動を主体的にターン姿勢に移る
②腕と足の動きを連動させてターン切り替えをする(なんば歩き)
更なるスムーズ化をねらいます。

今シーズン、こんなに楽しめたのはご一緒して頂いた皆さんのおかげです。
その中でも毎回ルート立案し、誘って頂いたHAMAさん抜きには語れません。
皆さん、本当にありがとうございました。
'10-'11シーズンもよろしくお願いします!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/22

月山バックカントリー

最高気温が30℃を超える日も出てきて、
そろそろ今シーズンも終わりかなぁと感じつつ、
月山へスキーツアーに行ってきました。

ルート:月山リフト→月山頂上→東斜面滑降→月山頂上→月山スキー場P

メンバー:(サービスエリアでみつけた)N家たけさん、HAMAさん、みっちー

今回は山形まで遠征ということでAM3:30に栃木を出発し高速で北上。
山形道に入っても景色は若緑の山ばかり。
目の前に白い朝日連峰が現れた時は少し安心しました。

高速を下りる前にたまたまトイレ休憩に立ち寄った寒河江サービスエリアで
見覚えのある車を発見!! N家たけさんでした!!
約束もなしに、しっかり合流!! 今日はこの3人で登ることに。

まずは月山スキー場からリフトTOPへ。
Img_3271

リフトTOPから登高。  HAMAさんと自分はウロコ板でシールは貼らず。
Dsc01071

山頂を目指してボウル状の姥ヶ岳東斜面をトラバースしながら登る。
Img_3283

ウロコ板で十分に登れる斜面。 
途中、雪が切れていて滑ったり登ったりでシールよりもウロコの方が早い。
Dsc01076

高度1850m位で雪が切れて、ここからは板を背負って夏道を登ります。
来た道を振り返ると姥ヶ岳の向こうにはまだまだ白い朝日連峰。
Img_3298

山頂の神社に到着。 頂上に大きな人工物があると少し違和感がありますが・・・。
Img_3307

風もなく穏やかな頂上。
頂上からは鳥海山や日本海側の海岸が眺められました。
ポカポカで昼寝したくなるくらい穏やか・・・。
Img_3309

のんびり休憩した後は、ひとまず目の前に広がる東斜面を滑ることに。
Img_3333

広大なボウルの中を自由なラインで滑降 (HAMAさん)
Img_3323

先が見えない長い斜面を気持ち良く滑ります。 (N家たけさん)
Img_3317

おわんの底まで滑ってもまだまだ先が有り、何処までも滑りたくなってしまう・・・。 
(みっちー)
2
(HAMAさん撮影フルHD Movieをキャプチャー)

止め処無い斜面を250m位高度を下げた所で我慢して登り返します。
HAMAさんと自分は緩い斜面を選んで大まわりしながらウロコで登り返し。
Img_3331

滑るのはアッ!!(゚ロ゚屮)屮という間、でも登り返すのは大変!!
結局、滑り始めてから頂上に登り返すまで約1時間半。
みんなくたびれて山頂で昼食を取りながら大休止。

HAMAさんは大きな岩の上でブーツを脱いでくつろぎ、
たけさんはフルーツゼリーを雪で冷やして楽しみ、
自分はちょこっと居眠り (-.-)Zzz 。o○

たっぷり休んでもう一本滑りたい気もするが、
時間もあるので、板を背負い登ってきた夏道を下ることに・・・。
Img_3336

雪が出てきた所で再び板を履いて朝日連峰、姥ヶ岳を眺めつつ気持ち良い滑降。
(HAMAさん)
Img_3340

ここも広い斜面、スピードも上がり気味! (N家たけさん)
Img_3344

だんだんスピードを出すのが楽しくなってきた~!!
このまま沢に沿って滑りたい~~~!!  (みっちー)
4
(HAMAさん撮影フルHD Movieをキャプチャー)

左の沢の方が気になりながら、リフト乗り場を目指してトラバース。
Img_3348
次回は姥沢Pまで沢沿いに滑ってみたい・・・。

リフト東側の尾根を降りて行くと真っ白だった景色が新緑に変わってきた。
Img_3351

今シーズンも、もう終わりと実感しつつ残りの滑りを楽しみ、姥沢Pへ到着。
ウロコ板での春スキーを存分に楽しみました。

HAMAさんのページ(←Movieあり)

今シーズンは(多分?)これでおしまい。 
スキーはチューンナップに出して、夏山に切り替えです。

今シーズン、ご一緒させて頂いた皆さん、
特に色々連れて行って頂いたHAMAさん、
本当にありがとうございました。

また来シーズンも、夏山も、それ以外もよろしくお願いしま~す。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/05/15

新緑の里山へ・・・

山スキーをやっているとなかなか春山に出掛けられません。
しかも家族を置いて2週連続はまずい・・・。

しかし、家族全員連れて行けば・・・
ということで遅ればせながら新緑の山へ行ってきました。

メンバー:まっちゃん、roushiさん、嫁さん、我が家の3人娘(6歳、2歳、1歳)、みっちー

ルート:宇都宮森林公園~古賀志山北側のピーク

今回初使用のベビーキャリアに三女をのせて、
長女は全て、次女は出来る限り歩かせようと、おんぶ紐を持っていくことに。
おんぶ紐の他に飲料水2.5ℓ、お湯300ml、200mlジュース2本、
粉ミルク、子供の着替え等をつめこんで、
本体だけで3.2kgのベービーキャリアに9kgの三女をあわせると16~17kgくらい?
背負うと結構ズッシリきます。

食料は長女に背負ってもらい森林公園駐車場をスタート。
P1030221

長女はまっちゃんに面倒を見てもらいながらサッサと先に・・・。
次女はすぐにダッコをおねだりするものの、
途中、おんぶしたりしつつ、roushiさんに手を引いてもらいながら登りました。
Img_3247

杉林をぬけるて稜線近くになると周りは明るい新緑に・・・。
Img_3251
若緑の葉や山ツツジが綺麗で気分良く歩きます。

足元にも綺麗な小さな花が・・・
Img_3254
気付かずに踏んでしまいそうな小さな花で、
小さな蝶のような形でしたが、名前がわからず・・・。

途中、ちょっと急な岩場もあり、子供には登り辛そうで
時間も通常の1.5倍位かかりましたが、なんとか目的地まで到着。
Img_3260
ピークからは周囲の田園風景が見渡せてのどかな雰囲気です。

ピークのベンチでお湯を沸かし、のんびりお昼を食べたら今度は下り。
登りで時間が掛かったので下りは嫁さんが三女、自分が次女を背負って下りました。
Img_3263

長女は最後まで元気に歩きとおし、嫁さんも久しぶりの山を楽しんだ様子。
自分も楽しめましたが重かったからか結構疲れたみたいで、
その日は夜9時頃に子供と一緒にバタンキュウ  (´△`)Zzzz・・・。o○
翌日もしっかり昼寝しました。

古賀志山周辺はもっと小さい山かと思っていましたが、
高度は無くとも裾が広く、ルートもたくさんあって、
しかも車などの人工物を感じさせない雰囲気の良い山でした。

更に今回は家族全員で登れたのが良かった!!
最初から最後まで面倒掛けっぱなしだったまっちゃん、roushiさん、
本当にありがとうございました。

roushiさんのページ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/05/08

燧ケ岳バックカントリー

GW明けは昨年、一昨年に続いて今年も燧ケ岳へ行ってきました。

ルート:御池→広沢田代→熊沢田代→燧ケ岳 俎嵓→熊沢田代→東ノ田代→御池

メンバー:えーしさん、N川さん、みどぽんさん、たけさん、HAMAさん、みっちー

御池駐車場から始まる急登を登高開始。 みどぽんさんはまだ現れず。
えーしさん、N川さん、たけさんはシール、HAMAさんと自分はツボ足で登高。
Img_3112

広沢田代に到着。 ここでシール登高に切り替える。
Img_3114

今日の板は新しくおろした10th mountain。 背負っても、履いても軽い!!
Img_3122

熊沢田代に向けて再びの急登をシール登高。
熊沢田代まではツボ足の方が速かったかもしれない。
Img_3125

熊沢田代手前ピークは東側を巻いて行きます。
この東側斜面で滑りを楽しめそうか? HAMAさんはチェックに余念がない。
Img_3129

熊沢田代を超えて最後の登り。
右下の白い部分が熊沢田代、その奥には会津駒ケ岳。
まだ卸したての為か、シールが滑って登りにくかった。
Img_3142

3時間強で頂上に到着。 尾瀬沼はまだ真っ白。
Img_3146

柴安嵓、尾瀬ヶ原、至仏山方面。
前日の雨で空気が澄んで、遠方の白い峰々がとても綺麗でした。
Img_3148

風も穏やかで気持ちの良い頂上で昼食をとり、
一休みしていると、みどぽんさんが到着。
ウロコ板で登ってきたらしい。 スゴッ!!(゚ロ゚屮)屮

1時間程山頂でのんびりして、いよいよ滑降。
会津駒ケ岳を正面に登ってきた斜面を滑り降ります。 (たけさん)
Img_3154

HAMAさんはヘルメットにカメラ。
Img_3161

高度感があって気持ち良い!! (N川さん)
Img_3165_2

大斜面を楽しみながら北斜面の方へトラバースしていきます。(えーしさん)
Img_3169

みどぽんさんは細板革靴!!
Img_3172

熊沢田代へ向けて大きく開けた北斜面。 
HAMAさんが前回チェックをいれてくれたお陰で楽しめました。(3takaさん)
Img_3194
おいしそうな斜面だったので自分はウロコ板を生かして
少し登り返して長めに楽しみました。 (v^ー゜)

熊沢田代から東ノ田代へ向かう途中、もう一つ楽しめる斜面。
Img_3204

東ノ田代からは林間を滑り降ります。
Img_3221

林道に出た所。 みんな満足そうな笑顔!! 
Img_3229
御池Pまで歩いて戻り、ツアーは終了。

天気にも、景色にも、雪質にも恵まれ、
新しい板との相性も良く、滑りの方も満喫!!
今までにないくらい高い満足度でした。

同行させていただいた皆さん、ありがとうございました!!

えーしさんのページ
みどぽんさんのページ
N家たけさんのページ
HAMAさんのページ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/05/07

春スキーの強い味方

GW中は帰省等で忙しくて山に行けませんでしたが、
帰省先で春スキーの強い味方をGET!!

Img_3108

そうです、とうとうウロコ板を購入しちゃいました!! 
KARHU XCD 10th Mountain 藪山仕様の165cm
(写真上半分が板裏側、板の中央付近はウロコ模様の段差)

連休前からネット通販等を物色し始めたものの在庫少なし、
昨日は有ったのに今日は無くなっていたり・・・
目白のカラ○ァテさんに問い合わせてみても165cmは店にも輸入元にも在庫なし、
来期の生産予定なしで、現存在庫で終了とのこと。

いよいよ希少機種になってきた模様で、焦って探しましたが、
地元、名古屋市中区のお店に電話で在庫を確認!!
やはりココでも最後の1本!!
取り置きをお願いしてGWにゲットしてきました。

ビンディングは G3 TARGA T9、 カートリッジはクロスツアー。

板とビンディングあわせて実測Wt:3.4kg!!
ちなみにBD stigma + T9は4.0kg 
あんなに軽く感じていたstigmaが重たく思えてしまいます。

シールは coll-tex ct40 を購入。
店員さん談ではツアー中に沢でビショビショに濡らしてから装着してハガレなし!!
その後、一気に5本売れたらしい。(笑)
こちらも売り切れ続出の様子で、残っていたのはend freeの120mmと130mm
店員さんの提案で130mmの片側を半分にして2本分カットしてもらいました。
残った片側、欲しい方はご連絡ください。

さて、今週末は早速出番かな・・・  ( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »