« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014/01/25

箕輪山バックカントリースキー

2014.01.25 箕輪山~迷い沢へバックカントリースキーに行ってきました。

メンバー:みどぽんさん、ままちゃりさん、HAMAさん、まっちゃん、みっちー

好天との天気予報は外れ、箕輪スキー場はガス&暴風。
山頂はあきらめて鉄山避難小屋へ向かい迷い沢へ下りました。

ガスが濃くてHAMAさんは雪酔い。
下るにつれ風も収まり、ガスも晴れてきましたが気温も高めで後半はストップ雪。
それでもオープンバーンにツリーランと楽しいルートでした。

雪が良い時にまた来たい!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/01/20

神楽ヶ峰バックカントリースキーMovie

2014.01.12 神楽ヶ峰バックカントリースキーMovieをYoutubeにUP!!

元ネタが少なかったので、自分の撮影分だけでなく、
一緒に行ったHAMAさん、まっちゃんの撮影した動画もフルに利用させて頂き、
前半に限って編集しました。

ちょ~きもちい~Movie、音声消さずに最後まで止めずに見てください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/14

神楽ヶ峰バックカントリースキー

2014.01.12
群馬の仲間にお誘い頂き、神楽ヶ峰バックカントリースキーに行ってきました。

メンバーは総勢16名(全員テレマーカー)
内10名は和田小屋で一泊し翌日も楽しむ予定
明日は仕事の自分達は日帰りで参加。

和田小屋の前でみんなでパチリ!
Dsc03969

第5ロマンスリフトTOPからシールを貼って登行開始
1

背後には白い峰々、風もなく厳冬期とは思えない穏やかさ。
2

途中、仲間にビンディングトラブルがあったものの、
皆の工具やスペアパーツで無事に補修。
やっぱり仲間って大事だ。

1時間程登るともう目前に神楽ヶ峰、その向こうには苗場が見える。
Dsc03975

汚れていない、良さげな斜面までもう少し進む。
Dsc03978

まだ全然トラックのないこの斜面!
Dsc03979

しかし16名で滑るとあっという間にこの通りズタズタに!!(笑)
軽い雪で、みんな歓喜をあげながら滑降!!
Cap4

一本滑った所でお昼ゴハン。
日差しが暖かく、とても厳冬期とは思えない。 快適!!
Dsc03982

お腹がふくれたら、また楽しい斜面を求めて行動開始
Cap6

2本目はツリーラン。
Dsc03987

3本目はまたオープンバーン!
3

最後にもう一回オープンバーン!!
Cap7

天気良くて暖かいのに最後まで軽いパウダーを楽しめました。

最後は沢筋を通ってゲレンデに合流。
Cap5

和田小屋まで戻り、楽しいメンバーとの別れを惜しみながら帰路へ。
来年は是非泊まりで参加したい!!

企画・お誘い頂いた群馬メンバーのみなさん、
ご一緒頂いたみなさん、
本当にありがとうございました!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014/01/08

大日ヶ岳バックカントリースキーMovie

YoutubeにMovieをUPしました!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/01/03

大日ヶ岳バックカントリースキー

新年あけましておめでとうございます!!

年明け1月3日、早速今シーズン初バックカントリースキーに行ってきました。

ルート:高鷲スノーパークゴンドラTOP⇔大日ヶ岳山頂⇔大日谷(2往復)
メンバー:HAMAさん、みっちー

過去2回とも深パウを楽しませてくれた大日ヶ岳。
今回は新しいファットスキーで行ってきました。
(スキーのインプレッションについてはまた後日)

高鷲スノーパークのゴンドラTOPから登り始める。
いつも天気に恵まれるけれど、ここは晴天率が高いのかな?
Dsc03943

1時間ちょとで山頂に着く。
山頂手前から見る水後山方向の景色は何度見ても見惚れる。
Dsc03946

山頂からは白山や御岳、北アルプスの峰々も眺望できた。
Img_4269


そして今日一番のお楽しみ大日谷の滑降。
20cm下に底があるパウダー!!
HAMAさんも声を上げながらこの笑顔!!
Cap002

樹林が混んでくる所まで滑ったら登り返し、
2本目はこの樹林帯の方を滑ることにする。
Dsc03950

自分達の滑ったライン以外にシュプールは無し!!
Img_4300

吹き溜まりに突っ込むとスプラッシュも一際。
Img_4312

HAMAさんも板が浮く!!
Cap003

沢が混んできた所からまた登り返して
3本目はもう一度オープンバーンの汚れてない方へ。
気持ち良くかっ飛ばしてきました。 
(ちょっと後傾すぎだけど板が良く浮く!)
Cap006

他のパーティは1組と単独1人しか見掛けず、
残ったシュプールは殆ど自分達のライン。
Cap004

まだまだ滑る所はあるけれど謙虚な気持ちが大切。
ここで引き上げることにしました。

大日ヶ岳、いつも期待を裏切らない良い山だ!!

HAMAさん、今回もありがとうございました!!

HAMAさんのBlog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »